ストーリーズ

伝統と流行が混和している青山に佇む、緑豊かな邸宅の魅力とは

1951年生まれ。優斗は兵庫県の田舎で生まれ育った。

現在はクリエイティブ業界で、某会社を立ち上げ代表取締役として同社を上場へと導いた。

本を読むこと書くことに興味を持ち始めた年少期

地元兵庫県 家族で花見をした思い出の姫路城

生まれも育ちも兵庫県。

教育熱心な両親のもと、優斗は高校までの青春時代を兵庫県で過ごした。

高校は地元でも有名な進学校に進学。

日々勉学に励む、ごく普通の高校生だった。

優斗は物心ついたときから本を読むことがとても好きだった。


同時に文章を執筆することにも興味があった優斗は、高校の3年間、その日に感じたことや思いついた物語を綴ることが日課でもあった。

高校卒業後は、慶應義塾大学の法学部に入学した。

自分の興味ある分野をとことん深掘りした20代

優斗が通学していた大学のキャンパス

大学時代は、設立76年を迎える歴史ある放送研究のサークルに所属。

番組制作などのクリエイティブな活動を積極的におこなってきた。

中学高校時代は、毎日のように本を借りては読み漁り、図書室へ通い詰めていた。

大学進学後も本や文章、エッセイなどの言葉に触れる頻度は変わらず、自身でも文章を書き続けた。

大学卒業後は某出版社へ入社。

出版社時代の人脈を活かし、その後某書店への転職を決めた。

地道な努力が報われることを身をもって感じた書店時代

サラリーマン時代、毎日利用していた飯田橋駅

書店では営業がメインの仕事内容であった。

なかなか原稿を執筆してくれない作家に対して、自分の書店で原稿を書いてくれないか?という地道な交渉事を日々持ちかけていた。

一緒に仕事をしたい作家に対しては、新刊が出る度に感想を手紙で出し続けることもあった。

35通を出したあとに、ようやく本人に会うことが出来たときは努力は報われることもあるのだと感じたことを今でも覚えている。

周りには「難しい」と言われ続けていたが、不可能を可能にしていかなければ圧倒的な結果を残す仕事は出来ないのである。

食事の時間以は仕事に時間を充てた多忙な会社創業時

当時オフィスのあった市ヶ谷の現在の様子

その後、雑居ビルの1室にオフィスを構え、後に上場する現会社の創業者として事業をスタートした。

創業当時は仕事をとるために午前8時から深夜2時まで働き、恐怖に震えながらも決死の覚悟で公告を億単位で打ち出すなど、思い切った決断をすることもあった。


苦境のときに手を差し伸べてくれた作家たちには、生涯に渡り恩義を忘れることはないだろう。

優斗が心安らげる青山の街の魅力

優斗が住んでいる青山ザ・タワーのマンション外観

優斗は名だたる世界の一流ブランドがフラッグシップショップを次々とオープンさせる青山の街にある青山ザ・タワーに住んでいる。

青山の魅力はお洒落なお店だけでなく、美しい街並みを彩る豊かな緑があげられる。

桜咲く青山霊園の様子。毎年春には観光客の姿も多く見られる

近隣には、春に満開の桜が咲き誇る青山霊園があり、桜の名所として有名な場所がある。

約320本のソメイヨシノやヤエザクラ、サトザクラ、シダレザクラなど見事な枝振りの桜があり、見ごたえは十分だ。

青山霊園には著名な作家たちが眠っている。

短編小説の神様として一世を風靡した星新一や国木田独歩もその中の一人である。

偉大なる作家たちは何を想って最期を迎えたのだろう。

毎年桜を見るたびに、優斗は自身のことを振り返り、自分に喝を入れている。

実りのある時間を過ごせるお洒落なショップの数々

引用:カッシーナ公式HP 本店の外観 1階の奥にはキャラトリーコーナーが広がる

周辺は表参道、骨董通り、みゆき通り、キラー通りなど、一流のバイヤーたちがしのぎを削るエリアだけあり、お洒落な雑貨やカフェがたくさん見つかる散歩コースがある。

南青山の住所を持つ広いエリアには、1日では回りきれないほどの陶器を扱う大型の高級店と小さな民芸店が散らばっている。

本と陶芸では扱うジャンルが全く異なるが「作家」というジャンルの中で「陶芸作家」に興味があったのかもしれない。

お気に入りの陶器が見つかれば、その陶芸作家に会いに行くこともあれば、優斗の知り合いを陶芸作家に紹介して繋げることもあった。

青山は優斗にとって、刺激的な街である。

低木、高木があしらわれた美しい景観

光の差し込む明るいラウンジ内は落ち着いた時間が流れている

マンション内に入ると、エグゼクティブラウンジが出迎えてくれる。

陽光がふりそそぐ空間や座り心地の良いソファーには、待ち合わせの場として利用している居住者を見かけることもある。

優斗のお気に入りは、夜間にライトアップされる美しい木々の様子である。

いつの時代も緑は人の心に安らぎをもたらしてくれる。

邸宅を所有する歓び

天然石が贅沢に施された美しいエントランス

グランドエントランスは2層吹き抜けの開放感ある空間となっている。

笑顔で迎えてくれるコンシェルジュはハウスクリーニング、メッセージの預かり業務などの日常生活のケアをメインに行ってくれており、優斗にとっては欠かせない存在となっている。

24時間の有人管理体制を備えており、安心して生活ができているのも青山ザ・タワーに住まう恩恵であろう。

奥ゆかしさのあるアートな空間

色鮮やかなアートが展示されている共用部分

マンション内の共用部分には数々のアートが展示されている。

各プロフェッショナルが集まり、空間が創られている。

一つの作品に込められた思いを考えると、感慨深い。

青山ザ・タワーには、優斗が人生を考える上での様々なヒントが散りばめられているのである。

人生は流れるのではなく、積み重ねていくもの。

青山の地で新しい可能性を見出したい方はこちらへ