ストーリーズ

洗練さと静穏さをまとう猿楽町に誕生した、まだ他に類をみない上質なプライベート空間

加藤優、1981年生まれ。出身は栃木県。

現在は東京都港区の消火器専門医・内視鏡専門医として日々邁進している。

地方の私立大学の医学部を卒業後、都内にある総合病院・その後胃腸専門病院での勤務を経て、都内に消火器専門クリニックを開業した。

ドクターに憧れをもちはじめた年少期

家族で毎年紅葉をみに訪れた中禅寺湖

父が地元栃木県で開業医をしており、幼いころは父のクリニックによく遊びにいっては診療の様子を見ていたのでその頃からドクターに対する憧れの気持ちがあった。

父は町のドクターとして患者様の些細な心配事に対しても真摯に向き合う真面目な性格だった。

町でも評判が良く、父の前では患者様も自然と口を開いてくれる。

ちょっとした会話の中から必要な情報を聞き出す対応力や父のコミュニケーション力は素晴らしく、身近に尊敬できる父の影響もあり、医療の道を志すようになった。

消火器内科を専門にした学生時代

優が通っていた学生時代のキャンパス

消化器内科を専門にしたのは研修で各科をまわっていたときに、診断から治療計画、実行までのすべてを自分でできる消火器内科ににやりがいを感じたことが理由としてあげられる。

自分の目で直接見て診断・治療ができる内視鏡の専門性を身につけられることに魅力を感じ、内視鏡科に入局。

以降内視鏡科・消化器内科に所属して大学病院や関連病院で研鑽を積むことにした。

患者様一人一人の体の中で起こっている病態を考え、多くの治療法の利点と合併症を考慮に入れることを診察の際に大切にしている。

医師に対する理想像が生まれた勤務医時代

勤務医時代よく訪れた茨城の久慈川と水郡線

勤務医時代には、ウイルス性やアルコール性の肝炎、肝硬変、肝臓がんなどを中心に、消化器疾患全般の治療に従事してきた。

内科疾患として多くの方が悩まれている生活習慣病というのは、肝臓などの消化器疾患との関係も深いといった特徴がある。

症状の原因をいち早く特定できたときの嬉しさは忘れられない。

優が数ある中から選んだ猿楽町という街

引用:野村不動産より マンションの外観

優の住処は猿楽町にある。

「恵比寿」や「中目黒」も徒歩圏内。

待ち合わせする人、遊びに来た人、若者が多い中、ビジネスマンなどの様々なタイプの人間が居合わせる不思議な街だ。

カフェやレストランも多く、マンションやアパートをアパレル系の店舗に改築しているお店もあったりする。

代官山T-SITE内 蔦屋

お気に入りスポットは、代官山T-SITEだ。

本・映画・音楽といったカルチュア・コンテンツを中心に豊かな生活を提案する「ライフスタイル提案型商業施設」だが、優は代官山に住む以前から代官山T-SITE内の蔦屋が好きで通っていた。

クルマ、旅行、人文、料理、建築、アートという6つのカテゴリーがある書籍エリアや、映画や音楽のエリアなど、品揃え豊富な店内は滞在時間を忘れるほどゆったりとした時間が流れる。

引用:カフェミケランジェロ公式Instagramより 店内の様子

続いてお気に入りのスポットは、カフェミケランジェロ。

代官山のシンボル的なカフェとして有名で、イタリアの時間を再現している。

キノコたっぷりのクリームリゾットは絶品で、いつもお店に寄ると同じものばかり頼んでしまう。

ケーキやタルトなどのスイーツメニューも充実しているので、ちょっと仕事をしたいときや、ゆっくり読書をしたいときにカフェ利用として立ち寄ることもある。

代官山の街になじむ外観に感銘を受ける

引用:野村不動産より マンション外観

優の住まうプラウド代官山猿楽町は代官山駅から徒歩5分のところにあるマンションで、大手不動産会社の野村不動産が分譲している。

プラウドシリーズとして、初めて電線を地中化するなど、代官山の街と調和された建築物としてひときわ目立つ存在だ。

専有部から外を眺める景色に電線が見えなくなるだけでも、眺望がすっきりとして開放感が出る。

初めてマンションを訪れたときに、特徴的な外観と電線のないすっきりとした見た目に感銘を受けたことを今でも忘れない。

引用:野村不動産より エントランスの様子

共用部分の内装の雰囲気もお気に入りのポイントだ。

アプローチからエントランスホールにかけては、壁と一体になったガラスのアートが設置されている。

その先にはラウンジがあり、待ち合わせ時間まで少し時間が余ったときに休憩するスペースとしてよく利用している。

総戸数も15戸と少ないので、誰かと鉢合わせをする機会も少なく、貸し切り状態のことも多い。

プライバシーが考慮された住戸設計に惹かれる

引用:野村不動産より 玄関脇にあるプライベートロッカーの様子

プラウド代官山猿楽町の各住戸の玄関脇にはプライベートロッカーを完備している。

このロッカーの凄いところは、内側、外側の両面から物の出し入れができるため、宅配業者やクリーニング業者と対面することなく物の受け渡しができる点だ。

著名人になればなるほど、同じマンション内でも顔をみられることに抵抗がある方も多い。

優もそのうちの一人だ。

些細なことではあるが、住民のことを考えられた仕様は日々の満足度が全然違う。

個性的なプランで刺激のある住空間を過ごす

引用:野村不動産より 1階の専用駐車場付きの住戸

住戸数が少ない分、幅広いプランが用意されている。

1階には専用駐車場付きの住戸があり、ガレージにいれた愛車をギャラリーのようにガラス越しに眺めることもできる。

また、日本では外開き玄関ドアが主流だが、プラウド代官山猿楽町は内開き玄関ドアを取り入れているのもポイントだ。

玄関前にプライベートエントランスが設置されているのも玄関が広いからこそできる特権とも言える。

優はこのスペースにお気に入りのアートや自転車を飾り、ホテルライクな空間を演出している。

個を満たす、パーソナルコンドミニアム

代官山T-SITE内

住戸によっては専用の屋上テラスが設けられている幅広いプランが特徴のプラウド代官山猿楽町

街と共存し、どこにも似ていない代官山という街で、この街だけの生き方で生きていく。

皆それぞれの個性を大切に日々過ごしている。

猿楽町とはそういう街なのだ。

現時点でのプラウド代官山猿楽町の空き状況を知りたい方はこちらへ。