ストーリーズ

夫婦が豊かな生活を得るために選んだのは、白金高輪のタワーマンションであった。

(出典:三井のリハウスHPより)

今年で36歳を迎える翔太は、結婚して6年になる5歳年下の妻と2歳の愛娘の3人で幸せな日々を送っているのだが、この生活を得るためこだわった事とは。

翔太の職業は生命保険会社に勤務する営業マンだ。

営業マンとは言ったがここ数年、翔太は新規のお客様に自ら営業しに行く事はあまりしてない。

なぜなら翔太を求めて顧客の方から保険の相談をしに来たり、担当したお客様がお知り合いを紹介してくれるからだ。

信用を得る秘訣は、自分の売上ばかりを考えるのではなく、どのようなプランがお客様に合うのかを一番に考える事だ。

例えば相談に来たお客様が、他社で既に保険に加入済みの場合は、プランが合っていなければ提案をし、合っていれば新たに保険に無理に加入させようとはしないなどの独自の取り組みだ。

翔太は、このようなお客様が幸せになることを考えて動き続けた結果として、信用を得ることができて様々な方から紹介をいただけるようになった。

日々を過ごしやすくする職住近接

白金タワー(出典:三井のリハウスHPより)

結婚当初は、翔太は仕事が忙しく職場から家も遠かったので、帰りが遅くなる事も珍しくはなかった。

そのような理由で、翔太は家事だけでなく将来子供ができたときには育児に積極的に参加したいと思っており、職場の近くへの引っ越しを検討していた。

そして密かに気になっている物件もある。

それは、都心の各エリアへアクセス可能な白金高輪駅に直結の「白金タワー」である。

白金タワーは、複合施設の「白金アエルシティ」内にそびえる利便性と上質さを兼ね備えたタワーマンションだ。

大手デベロッパーが目をつける白金高輪エリア

白金タワーから見る白金ザ・スカイ

白金タワーが位置する白金高輪エリアは「六本木・麻布エリア」「広尾・恵比寿エリア」「品川・高輪エリア」と近接している利便性の良いエリアだ。

また、魚らん商店街や白金商店街は、下町情緒あふれる町並みとなっている。

また白金高輪駅の近辺では、白金ザ・スカイやザ・パークハウス高輪タワー、プレミストタワー白金高輪、白金一丁目西部中地区開発とスケールの大きいタワーマンションが白金高輪エリアに続々と竣工を予定している。

清潔感がある充実した共用施設

プロムナードガーデン(出典:三井のリハウスHPより)

白金タワーは翔太の職場から近接していたため、周辺環境は大まかに理解はしていたが、実際に訪れたり、内部を見たりしたことはないので、不動産ポータルサイトでなどで情報収集をしてみた。

そして情報収集をしていく中で、「広さ」も「間取り」もファミリー向けで、我が家にも合いそうな部屋を見つけたので内見の依頼をしてみることにした。

エントランスアプローチ(出典:三井のリハウスHPより)

翔太は妻と二人で白金タワーの内見に訪れた。

綺麗に整備されているエントランスアプローチを歩き、風前扉を抜け、メインゲートが開くと上質な空間が待ち受けていた。

エントランスホール(出典:三井のリハウスHPより)

重厚感のあるエントランスのドアをくぐり抜けると、総大理石貼りの贅沢なエントランスホール、その中央にある鮮やかな生け花と上質なサービスを提供してくれるコンシェルジュが迎えてくれる。

上質な空間が訪れた者を包み込み、翔太と妻はまるで美術館に訪れたような感覚に陥ったのを、今でも鮮明に覚えている

ガーデンラウンジ(出典:三井のリハウスHPより)

エントランスホールに併設されているのは、吹抜けで開放感と清潔感のあるガーデンラウンジだ。

友人との待ち合わせや家族と出かける際に、妻や子供が準備している時に待機する場所として使用するなど様々な用途で活躍しそうだ。

エレベーターホール

エレベーターホールに入館する際にも、セキュリティーが設けられている。

物騒な世の中で、セキュリティーが充実していると安心して暮らせるので有難い。

またエレベーターホール内にもエントランスホール同様に大理石が敷かれている。

翔太と妻は、抜かりのない仕様とセキュリティーに感心していた。

ビューラウンジ(出典:三井のリハウスHPより)

25階に位置するのが、都心の風景を一望することができるビューラウンジだ。

友人やお客様を招く際や仕事をする際に重宝しそうだ。

(出典:三井のリハウスHPより)

翔太と妻は、将来子供を授かった時の事を考え、間取りは3LDKと決めていた。

各部屋の広さや設備などは大手デベロッパーが分譲しているだけあって、満足のいく仕様となっていた。

内見から数日後に、翔太と妻は白金タワーの部屋の購入を決めた。

ライフスタイルに適した周辺環境

白金アエルシティ

翔太と妻が、白金タワーを購入してから5年が経過したが、改めて思う事がある。

それは愛娘を授かり今年で2歳になるが、白金タワーの敷地内にある白金アエルシティにはスーパーやドラッグストア、グルメなどがあるだけではなく、公園や遊歩道などもあり子育てには最高の環境と言える事だ。

購入したときに描いたライフプランが、実現できたことに満足している。

また翔太も職場と家が近接したことで、育児に参加することができただけでなく、

仕事とプライベートを充実して過ごせていることに幸せを噛みしめている。

ライフスタイルの「軸」となるのは?

翔太は、白金タワーを購入し、新婚生活や子育てを経て思う事がある。

それは自分のライフスタイルの軸となるのは、「住」という事だ。

自宅の購入をする際には、職場からの距離や子育てをする環境など自分のライフスタイルに適した条件で選ぶことが大切だ。

翔太と妻は白金タワーを購入したことで、充実した日々を送っている。