ストーリーズ

多忙ながらも充実した日々を送るビジネスマンが選び購入したあのマンション。

和也は日本で生まれ、6歳の時に父親の転勤でアメリカへ移住し、小中高は現地のインターナショナルスクールで過ごした。

和也は生まれた日本で過ごしたいという思いがあり、高校卒業後に日本に帰国した。その後、経済学に興味があり都内屈指の名門大学の経済学部に進学した。

和也は、アメリカで過ごした経験を生かしてグローバルに活躍できる企業で働きたいと思っており、様々な企業の説明会を受けていた。その中でも投資銀行業界に興味を持ったことがキッカケで、外資系金融機関の東京オフィスに就職し投資銀行部門へ配属となった。

業務内容は、M&Aに伴う資金調達や案件に関するディスカッションがメインだ。

資金調達の手段はレンダーからの調達だけではなく株や債権などによる調達など手段は様々だ。その資金の調達手段の中からお客様のニーズに合ったサービスを提供することも主な役割である。

また、「財務」「法務」「会計・税務」といった専門知識や、M&Aに適した企業を探すために業界の特性や企業の特徴、将来性も把握する必要があるため様々な知識や技術が求められる。

都心の中心。麻布十番という街。

パティオ広場

そんな和也は仕事が軌道に乗ったのをキッカケにして住まいとして購入したのが、三井不動産の高級タワーマンション「パークコート麻布十番ザ・タワー」である。

綱町三井倶楽部、オーストラリアやイタリアの大使館など由緒ある建物が点在するエリアだ。また南北線、大江戸線が路線の「麻布十番」駅が最寄り駅である。ビジネスエリアである六本木駅や政治の中心である永田町駅まで直通する利便性が高い駅だ。

麻布十番商店街では、高級店から庶民的な居酒屋など様々な店舗が軒を連ねる。

他にも待ち合わせのシーンでよく使われるのが、パティオ広場である。石畳の車道や歩道に敷かれているレンガからはヨーロッパのような街並みを彷彿とさせるシンボリックな広場だ。

軒を連ねる店が醸し出しているまるで下町にいるかのような雰囲気や、今や港区の夏の風物詩ともなった「麻布十番納涼まつり」の賑わいの雰囲気もこの町の魅力の一つだ。

パークコート麻布十番ザ・タワーについて。

和也は、ランドスケープな都心の風景を眺めるのが好きだ。和也が住むパークコート麻布十番ザ・タワーの部屋からは東京タワーや六本木エリアが一望できる。

また2023年には、森ビルが主導する「虎ノ門・麻布台プロジェクト」が竣工される。オフィスや商業、住居など圧倒的なインパクトとスケールを誇る大型ビルが3棟もそびえ立つが、3棟全てを和也の住む部屋から一望できることが嬉しく思う。

アクアラウンジ

充実した共用施設も購入した理由の一つだ。

ロビーにあるアクアラウンジは吹抜けの天井と螺旋状の階段、丁寧に配置されたソファーや照明がラグジュアリーな空間を演出している。また、ガラス越しに見える煌びやかな泉水がラグジュアリーな空間をより一層、際立たせる。

ビューラウンジ

ビューラウンジは、東京タワーや六本木エリアを一望できる贅沢な眺望となっている。

また高級感溢れるソファーと大理石のダイニングテーブルが上質で落ち着いた空間を演出している。

ヒーリングフォレスト

ヒーリングフォレストでは、鮮やかな緑が植栽されており、ここで度々読書をする和也はついつい長居してしまうほど、居心地が良くてお気に入りのスポットである。

アクティブフォレスト

和也は、休日にアクティブフォレスト内のフィットネスジムで汗を流すのがルーティンで、器具の種類も豊富なのでトレーニングが捗り大変重宝している。

和也は、健康であることが一番の自己投資だと考えている。

和也が感じる生活を豊かにする一番の要素とは。

和也が思うパークコート麻布十番ザ・タワーの良い点がある。

パークコート麻布十番ザ・タワーでは、セキュリティーがエントランス、エレベーターホール、エレベータ停止制御、住戸の「クワトロセキュリティー」を採用しているが、昨今の物騒な世の中ではこのような基本的なセキュリティーは何よりも有難い。特にエレベーター停止制御では、居住階と共有階にのみ停止するようになっており、安心して暮らすことができる。

多忙な毎日を送る和也にとっては、クリーニング取次サービスなどのコンシェルジュサービスも有難いものであり、おかげで日々がより豊かで暮らしやすくなっている。

都心のハイクラス向けマンションの価値。

和也が購入をして4年が経った時に、都心の地価が年々上昇している話を聞き、購入した自宅の現在の価格が気になった。

様々な査定サービスがあるが、フェイスブックで友人の近況を見ている時に広告で目に入ったのが、都心のハイクラス向けマンションに特化した「バリュエーション東京」だった。よくよく見てみるとパークコート麻布十番ザ・タワーも取り扱い対象物件に入っており、軽い気持ちで査定をしてみることにした。

その日のうちに査定結果が出ていたことに驚いたのと、査定価格にも驚いた。

それは購入した当時よりも価格が想像以上に上昇していたのである。

都心のハイクラス向けマンションの中古価格は新築分譲時価格と比べるとほとんどが上昇しているようだ。

「発展していく都心のエリアに位置するハイクラス向けマンションの需要はこれからも増え続け、価値はまだまだ上昇していくのではないだろうか?」と思った。

発展していく都心の中心で城をかまえることで感じることとは。

家から職場までのアクセスが良いことやコンシェルジュサービスが充実していることによって、時間が確保できることは忙しい人にとっては嬉しいことだ。時間は有限であるからこそ、自宅の場所や付属サービスは大切なことだと思う。

次々に発展していく都心の中心で、自分の城をかまえていることに和也は誇りさえ感じると同時に、和也自身も都心の発展していく様を見ては「もっと頑張ろう」と奮起するのだ。